5月14日(月)から、長崎県にて県外視察調査を実施いたしました。

視察先各所における主な調査項目は以下のとおりです。

 

このような他県での調査は、担当者による概要説明、その取り組みの様子や経過、生じた課題等について

意見交換の中から聴取することで、長野県施策にいかせるよう、年間活動計画の中で行っているものであります。

 

◆長崎県松浦市 「地産地消ブランド計画について」

◆長崎次世代エネルギーパーク 「コージェネレーションシステムについて」

◆長崎県立大学 「地域連携センターの取り組み」

◆長崎県庁 「ながさき太陽光倶楽部の取り組み」、長崎県警本部新庁舎の設備見学

◆大村市 市民交流プラザ 「地域子育て支援拠点事業について」  などであります。

コージェネレーションシステム設備

「エネルギーの地産地消」を目指す取り組み

長崎県警新庁舎にて

長崎県警新庁舎にて(武道場)

地域子育て支援センター「おむらんど」

保育士が常駐した子育て相談・親子交流の場